Life is Voyage.

Liv:ra代表小森優美のBLOG

大切にしたい事。

先月、また一つ歳を重ねました。

時間が過ぎて行くのは本当に早い。

気付けば8月で東京に来て1年。

記憶力がとびきりよかった私でも

色んなことを忘れてしまうくらい、世界のスピードは速くなっている。

(歳とったからだなんて言わないで!)

 

あまりにも多い情報量とスピードの中で

今の自分の立ち位置を把握することは

自分を生きる上でとても大事なこと。

気が付けば人の想いに乗っかって希望とは違う場所にいた、ということは多々あるもの。

自分の位置を確認するために

”今の自分が大切にしている事”

はわかりやすい指標だと思う。

これからますますハイスピードな世界にDIVEすることになると思うので、

備忘録変わりにここに記しておくことにしました。

 

 

 

①広い世界よりも自分の世界を大切にすること。

 

もともと色んな場所に関わっていたい人なんですけど、ここ最近は、自分の役割の仕事に専念するターンに入って来ました。それはやっぱり、

今の仕事に多くの人が関わってくれていたり、助けてくれたりしていて、自分に新たな責任が芽生え出したからなのが一つと、もうひとつは、私が自分の世界を愛しはじめた事が大きい。それは子供の頃にお気に入りのものだけを集めて作った自分だけの小部屋を作っていた時の感覚によく似ているのかもしれない。

宝物に囲まれて、愛おしさでいっぱいになるあの感覚。それを大人になってもやっていいだなんて今まで知らなかったな。

自分の実力や感覚、色々な協力者、そして時代の流れやタイミングが

最近はやっと揃って来た気がしていて、

あのお気に入りの小部屋の感覚を仕事として表現できる事の幸せは、

私にとってはすごく大きな事。

遠くにある理想よりもまずは自分の愛する世界を創り上げること。

それは今の私にとって大切なテーマのひとつ。

 

 

 

 

②目に見える表面的な部分に囚われないこと。
人や物事の本質を見続けること。

 

別名「曇りなき眼で見定める」 byアシタカさま
、です。
これ、口で言うのは簡単だけどなかなか難しい。特に対、人。自分の調子がよくて、相手もオープンだったらいい。だけど現実にはそうじゃない状態も多くて、たとえば一方的に攻撃されたり、心を閉ざしている人に対して本質を見続けるって結構修行だったりする。

相手に合わせるよりも傷つくしね。

逆に自分が本質からずれてる時もしかり。

トラブルや一見ネガティヴな出来事に対しても、そこに囚われないって時間を経ないと難しい。

自分のコンディションだってあるし。

だけど、やっぱり人って信じたい生き物なんだなって思う。

自分の見ている本質の部分、美しい世界や人を信じたい。

上手くいかないことはあっても、本当は同じ世界を見ているんだって信じたくて、

だけど信じれない時もあって、そんな自分に傷ついたり、そしてまた立ち上がったり。

人って弱いけど強いね。

信じる、って、すごいパワーだと思う。

自分がどんな状態でも本質を信じてくれている人がいるって本当にありがたいことだね。

表面的な部分に感情を振り回されすぎず、

アシタカさまのようにまっすぐかっこよく本質を見続ける人になることが私の目標です。

 

 

 

 

③美しさと調和

 

私がいつでも大切にしていること。

美しさと調和をイメージした時、私にはバランスという言葉が思い浮かびます。

(Liv:raは天秤座ribraのバランスという意味からとりました)

自分と他者の考えのバランス、

やりたいことと世間の流れのバランス、

働くことと遊ぶことのバランス。

正解のない世界だけど、バランスが整っているって美しい。とても。

そしてアンバランスのバランスもやっぱり美しい。

バランスって何だ。

って考えたら、

バランスって愛かもしれないと思った。

ちゃんとそこに想いやエネルギーを注がないと、バランスってとれない。

思い通りにならない他者や世界

バランスをとるって簡単じゃない。

自己中心過ぎてもダメだし他人に合わせ過ぎても美しくない。

強過ぎず弱過ぎず、

求め過ぎず諦め過ぎず

 ポジティブ過ぎずネガティヴ過ぎない。

そういう感覚の中で生まれる美しさを

ずっと大切にしたい。 

 

 

 

 

 

 ④至福感

 

最も幸せな人生というものは、

至福感の質と量だと思っています。

楽しさやトキメキを超えた、

じーんと深いところから溢れ出す幸福感。

恋じゃなくて愛のほう。

これをどれだけ深く、多く感じられるかが、私の成功の定義。

楽しいことが大好きで20代は人一倍遊んできたし、(おかげさまでバカになりました)

もちろん楽しいこととかドキドキすることも今でも大好きだけど、これって長続きしないんだよなぁ。瞬間瞬間の激しい快楽。大事だけど。

それに比べて至福感は長くて深い。

内面の状態が影響しているからでもあるけれど、激し過ぎず、上質な感覚だなぁと思います。

 至福感はどうやって生まれるのかというと、

私の場合はやっぱり日々自分や人を大切にしているかどうかだと思う。

 私の豊か過ぎる感情はいつもここにいさせてくれるわけじゃないけれど、

ここにい続けたい、と思うことこそが、

大切なことだと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって書き留めてみると、

私にとっての大切なことは自分の心の置き方がほとんどなんだなー。と思います。

もちろん、大切にしたい人、大切なもの、たくさんあります。

けど、人でも物でも自分以外の何かと関わるためには必ず自分を通さなければいけないので、私の世界ではやっぱりそれが全て。

 

 

 

 

 

「大切なものは、目に見えない。」

小さな頃から何度も読んだ星の王子さまの言葉が、今またより一層深くなって響くのでした。