Life is Voyage.

Liv:ra代表小森優美のBLOG

Speaces- 平和の種

f:id:komoring:20171127123516j:plain

 

f:id:komoring:20171127123537j:plain

 

大切な大切な仲間たちが開催する、平和のイベントに参加しました。

平和という言葉は大きすぎて、解釈はどれだけ近しい人でも本当に様々。

参加者は本当に色々な人がいて、だれもがカラフルな人生を送っている人で、

その多様性の大切さを感じながら作られたイベントは、とても素晴らしかったです。

主催してくれたみんなの平和へのコミットの深さがとても美しく、感動しました。

本当にありがとう。

 

 

 

自分自身の平和について考える時、ここ最近の私には大きな課題がありました。

それは、近しい人が私の信じている価値観と真逆の世界を選択することが許せなくて、

あなたは間違っている、と正義で裁いてしまう癖があることでした。

 

色々な世界で生きてきた私は、多様性に関して大きな理解を持っているつもりではあるのですが、

"神は人の上に人を作らず、

人は平等である"という自分の信念の、

真逆にある価値観だけはどうしても

許すことは出来ませんでした。

 

 

 

自分の中には、自分が見たくない自分の弱さがたくさんあります。

光も闇も混同しています。

その許せない真逆の世界は、私の中にも確かに存在しているものです。

だけど、私はそうじゃない自分でありたい。

立場の違いこそあれど、本当の意味で人は平等であることを信じたいし、そこに

驕りや偽りのない自分自身でありたい。

 

 

 

だったら、真逆な価値観は無視して、自分がそれを生きればいい。

理屈ではわかるのに、それがどうしても出来なくて、

難しくて、最近の私は苦しい思いをしていました。

 

 

 

イベントの4次会くらい、しかちゃんとわかこと3人で話している時、

私が正直にこの思いを伝えると、

しかちゃんが、

私の平等であることへのニーズと共に

「真逆の意見でさえ、理解したい。本当は分かりあいたい」

という、美しいニーズを見つけてくれました。

私の心の中ではずっと、自分の信念を大切にすることと同時に

真逆のことさえも理解したいという相反する

ニーズが戦っていたのでした。

許せない自分を私自身も許せない、というループに嵌ってしまっていて、

自分自身が私に課していた大きな罪の十字架を、

私は自分の本当の想いに触れることでようやく外すことが出来たのです。

それは、私の心の中の平和への道の、大きな大きな一歩でした。

しかちゃん、本当にありがとう。

 

 

 

人は変えることは出来ない。

だけど、私が自分自身と繋がった時、私を変化させることは出来る。

それは私にとっては成長と自己変容の大きな祝福であり、

社会変革への小さな一歩でもあるのだと思います。

 

世界を変化させたいなら、自分自身が変化していくこと。

作りたい未来があるなら、まずは自分がそう生きること。

 

そう教えてくれる仲間たちに出逢えたことは、私の人生の最大の喜びです。

本当にありがとう。

 

 

 

 

今日もそれぞれ、一歩一歩進もう。

平和への道はない、平和こそが道なのだから。

 

f:id:komoring:20171127132240j:plain

 

f:id:komoring:20171127132301j:plain

 

 

f:id:komoring:20171127132426j:plain

 

 

f:id:komoring:20171127132451j:plain

 

f:id:komoring:20171127133237j:plain